引っ越しの手間は無料サービスで手間なく終わらせる

引っ越しをする際には面倒な手続きが沢山ありどの手続きを滞らせても自分に不利益な結果しかもたらしません。しかし忙しい最中全ての手続き方法を調べ上げ空いた時間を駆使して連絡を行い対応するのはとても大変です。
そこで今回は色々ある手続きを全て変わりに行ってくれる引っ越し業者の無料サービスについてご紹介致します。


●業者さんの簡単安心オプションサービスについて●

引っ越しを行う際に必要な手続きは新居への入居手続きや鍵の受け渡し・公的書類の住所変更などです。このような自分の責任で行うものについては業者の方に手を借りることは出来ませんが他の手続きについては無料で対応してくれるものもあるのです。
例えば電気会社への電力供給スタートの連絡です。現在住んでいる家に家族がいてこれからも住んでいく場合にはストップする必要はありませんが、現在一人暮らしをしているという方はその物件の電気をストップさせる手続きが必要になります。スタートとストップの連絡は引っ越し前の住所と引っ越し先の住所が分かれば一回の電話で手続きを行うことが出来ますが、電力会社の窓口が開いている時間帯でなければ連絡をすることが出来ません。そこでおすすめなのが引越し業者の無料サービスで引っ越しと同時に電気をストップさせ新居にて電力をスタートしてもらうというものです。日程に合わせて対応してくれるのでとてもおすすめのサービスとなっております。


●引っ越しはいかに簡単に行うかがカギ●

電気以外にも郵便局の転送願いと住所変更やNHKの住所変更も行ってくれるのでわざわざ手続きのために書類を書いたり申込みのために窓口に出向いたりせずに済みます。手続き以外にも引っ越しを行った後の重い家具や家電の移動や荷解きをした後に要らなくなった段ボールを無料で引き取ってもらえるサービスもあるため新居へ移動後の対応もしてくれます。家具を移動した後にその家具についた汚れをふき取ってくれるサービスもあり安心して自分の大切な荷物を預けることが可能です。

ちなみに引っ越し前に売っておきたい不要になった本・CDを無料で査定することも可能なので売った後にいくらになるのかの算段を付けることも出来ます。今は電話で連絡をすることですぐ自宅まで来て買い取りを行ってくれる会社もあるので、査定を受けた後はそのまま家まで来て引き取ってもらうことが可能になります。

引っ越しの手間取る手続きを難なく終わらせることで新居での新しい生活もすんなりとスタートさせることが可能です。業者さんの無料サポートサービスをしっかり利用して手際よく引っ越しを完了させるようにしましょう。

ありがたい引っ越し業者の存在

同じ場所に長年住んでいると、大型から小物まで生活用品は想像以上に大量に溜まり、住居環境を悪化させることにつながります。そんな長年の不要不急の多くなった荷物を抱えた状態で、引っ越すとなると大変な労力を必要とします。そんな状態にある時の神頼みが引っ越し業者の存在です。荷物の梱包からやってくれる業者も多く、重要な物だけを自分達で整理した後は引っ越し業者にお任せすることも可能になってきました。

<陶器からピアノまで>

家財道具の中には割れ安い陶器類、ピアノような重量物など種種雑多、最近の引っ越し業者が用意する小道具類は優れモノが多く、ピアノや昔風の重量のある大型箪笥等もスッと持ち上げさっと敷くことですいすい移動できるものなど、プロならではのすご技には驚くばかりです。整理の仕方も小物類の粗包みを行って、クッション材などと併用する事で箱に詰めるのでしっかり固定、破損の心配は全くなくなります。

<収納もスマートに>

移転先での荷物の運び入れ、開梱・整理も手順が良いので、見る見るうちに片付いて行きます。不用品の処理も引っ越し業者の適切なアドバイスがあり、荷物を送る前に処理したので家財道具も随分スリムになり、新居での新たな生活もスッキリ爽やかにスタートがきれました。引っ越し業者の有り難さを、しみじみと味わう引っ越し作業でした。ほんとうにありがたいことです。

引っ越し業者の相見積もりは取るべき?

相見積もりを取るのはなかなか気がひけるものですが、近頃では一括見積もりを行ってくれるサイトもあります。様々なところから見積りを取り寄せることが常識となっていることは引っ越し業者も分かっています。そのためはじめから精一杯の料金を提示してくることもしばしばです。中には他社の見積よりも10万近く違うような見積もりを出してくる業者さんもあります。もしその一件だけの見積もりをとって、そこに決めてしまったとすれば、本当にがっかりしてしまいます。平均的な引っ越し業者の見積もりを知るためにも、一括見積もりを活用するのは有効です。


<相見積をとって相手に見せるのか>

相見積もりを取ることはしても、それを相手に見せるのかは迷うところです。ただしサービスなどを見て「この引っ越し業者に頼みたい。でもちょっと高い!」というときには、ここぞとばかりのタイミングで安い方の見積もりを見せるのは効果的です。「ここまで下げてくれれば決めたい」ということは相手も感じ取りますので、そこまで下げてくる可能性は大なのです。またダンボールなどのサービスも付けてくることが多々あります。これ以上値段は下げられないといったときに、そのようなサービスで熱意を見せてくることもあるのです。

引っ越しする時に気遣いが大事?

皆さんは今住んでいる場所から違う場所へ移動することになった時、荷物をまとめますよね?
引っ越し業者にお願いをしている人も多いですが、何もしないと言うのはあまりにも申し訳ないような気がしませんか?
全ての作業を任せるので、少しでも気を使ってあげられるといいと思うのですが、皆さんはどう思いますか。
例えば、荷物を詰める時に重たいものばかり詰めてしまわないようにするとか、バランスよく詰めておくと言うのもいいと思うんですよね。


●引っ越し荷物に書き記す●

皆さんもよくありがちだと思いますが、荷物を整理する時どこに何をしまったのかわからなくなってしまう人はいませんか?
ダンボール箱に何をしまっているのか書き記しておくと後の片づけが楽ですし、引っ越し業者が運ぶ時にも安心できると思います。
例えば、壊れ物が入っているなら壊れ物と書いておくだけでも、違ってくると思いますのでマジックなどで書いておいて。
任せっぱなしではなくて、相手の立場になって考えて工夫することが大事だと思います。


●午前中よりも午後の方がいい?●

作業は早めにしてほしいから午前中に頼んでいる人も多いですが、その場合、運搬作業に遅れが出てしまうと大変です。
午後から別の引っ越し作業がある場合には、本当に時間きっちりで引き揚げてしまいますから、自分で行なう事も考えられます。
ですから、出来れば午後からの方が多少融通も利くのでいいと思うのですが、お好きな方で構わないですよ。
また、始めに効率がいい方がどちらであるのか確認しておくのがいいでしょう。

引っ越しと心づけについて

春先とか転勤などで引っ越しをする人も多いでしょうけれど、どのように準備をしているのか気になります。
ほとんどの人は業者にお願いをしていると思いますが、中には荷物が少ないからと言って自分で作業をしてしまう人もいるのだそうです。
ただ、その際に気になるのが心づけと言われている物ではありませんか?
心づけを渡した方がいいのかどうか悩んでいる人もいるでしょうが、基本的に渡すか渡さないかは自由になっています。


●引っ越し業者に何を渡す?●

心づけですが、一体どのようなものを渡すのが良いのでしょうか。
一般的には作業員一人当たり1000円を渡すようですが、業者の数が多ければ多い程出費がかさんでしまいますよね。
そんな時は、休憩中にジュースやお茶を差し入れてあげるのが良いみたいですよ。
確かに差し入れをもらえるだけでも嬉しいですし、これなら簡単に感謝の気持ちを伝えることが出来ていいですよね。


●挨拶はいつまでにするのがいいですか?●

引っ越しをする時は、ご近所さんへ挨拶を行なうのがマナーになっていますがいつするのがいいのでしょう?
それは、引っ越しをすると決めた時に行なうのが良いみたいなので、決まっている人は出来るだけ早めに挨拶をしておきましょうね。
また、転入先の挨拶はその作業をする当日中にするのがベストなのだそうです。

引っ越しをする時に大切なもの

引っ越しをする時に大切なものとは何なのでしょうか?
一番は、やっぱり周囲への挨拶ではないでしょうか・・・粗品をもって挨拶をしにくことが大事だと思います。
出ていく挨拶も大切ですし、これからお世話になりますという挨拶も大切ですよね。
また、忘れてはいけないのが業者さんへの感謝の気持ちだと思うのですが、皆さんはどう思いますでしょうか?
荷物を運んでくれたりと大仕事をお任せしているわけですから、やっぱり感謝の気持ちを忘れてはいけません。


●引っ越しは楽しくするもの?●

引っ越しをする時は、業者の人に任せて自分達は自分たちが出来ることをしますよね。
休憩をはさみながら作業をしていきますが、この休憩時に何か差し入れをしてあげるのがいいと思うんです。
例えば、ジュースやお茶を皆さんに配って渡してあげるとか、そんな些細なことが場の雰囲気を和ませたり、休憩後の作業をスムーズにさせてくれるかもしれません。


●自分にも業者の人にも分かりやすく●

引っ越しをする際、ダンボールに荷物を詰めていきますが、皆さんは何か工夫をしていますか?
例えば、ダンボールに何を入れているのか書き記しておくと自分が片付ける時に助かりますし、荷物を運んでくれる業者の人も運びやすくていいですよ。
ちょっとした工夫で引っ越しもスムーズに行う事が出来るので、皆さんも試してみてはどうでしょう?

引っ越しを業者に頼んだ方がお得な理由

引っ越しは人生で何度が経験するものです。新しい家の家賃、敷金、礼金など現金での出費も増えてしまいますし、自分だけで車を借りて行おうという人もいるかと思います。しかし、自分たちで行う引っ越しは見えないリスクがたくさんあることを知っていますか?


●引っ越しは高額賠償の可能性がたくさん●

持ち家から賃貸に引っ越す場合でも、マンションなどであれば、玄関から一歩出たら、そこは公道です。また、マンションやアパートメントの場合は玄関から一歩出れば、そこは共有部分ということになります。つまり、家の前にずっと車を駐車したり、荷物を長時間置いたりすることが原則として禁止ということです。もちろん作業の間だけということで近隣の理解を得て引っ越しはできますが、共有部分に傷をつければ、修復する義務が私たちに生じます。


●引越業者は保険に入っている●

引っ越し業者の場合、もし傷をつけてしまっても補償ができるように保険に入っています。また、ぶつかりやすい場所を先に養生することで事故を防ぐなど備えることができるのです。慣れていない人間が行うと、思わぬ落とし穴があることが多いでしょう。自分で引っ越しをして家具を壊してしまう程度ならいいですが、けがをしたり、高額の賠償が発生したりしてしまう危険性もしっかりと考えましょう。

小さな子供と引っ越し準備

引っ越しをする時に、荷造りや荷ほどきがありますがただでさえする事の多い作業ですから、小さな子供が居ると荷造りや荷ほどきの作業にかかる時間がどんどん長くなっていってしまいます。子供をほったらかしにして、引っ越し準備にばかり時間をかけるわけにはいきません。

●引っ越し作業の代行サービス利用●

荷造りなどに集中できるのは、子供が寝ている間か機嫌よく遊んでいる間またはご飯を食べている間など、小刻みな時間しか集中して作業を続ける事が出来ません。そんな、時間を中々作れない方の為にすべての作業をプロの方が変わりに行ってくれるサービスがあります。プロの方が変わりに作業を行ってくれるサービスは、小さなお子さんを持つ方だけでなく仕事が忙しく自分では中々作業が出来ない方やお腹に子供が居て思うように動く事が出来ない方、他にも自分でするのが面倒で誰かに代わりにやってもらい方など理由は様々です。どんな理由をお持ちの方でも簡単に利用できるサービスですから、サービスを受けられるかどうかの基準は特に存在しません。ただ、自分の代わりに作業を変わってもらうわけですから料金は通常の料金+別途料金が必要になる場合が多いです。自分の状況によって利用するサービスを変え、引っ越し作業を楽にする事も出来ます。

<PRリンク>
引越し業者の比較するなら→→引越し業者検索ちゃん(http://www.hikkoshi-search.biz)

訪問見積で行うべき事

引っ越し費用を抑えたいのであれば、訪問見積は必ず行いましょう。ただし、一社だけでは意味がありません。5社程度に絞り込んで訪問見積の申込を行う事をおすすめします。引っ越しに詳しい方はあまりいませんよね。でも、大丈夫!ポイントを押さえれば誰でも引っ越し上手になれるはずです。


●引っ越し業者の絞込みと明細確認●

業者を絞り込む時には、大手ばかりではなく中小系、地元系の業者もチョイスします。土地勘が卓越した業者の方が、引っ越しに有利な事もあるからです。訪問見積ではただ単に費用の合計を比べるだけではいけません。明細まできちんと確認しておきましょう。用途不明の費用や必要以上に料金が高い項目など様々な矛盾を発見するという目的もあるのでうす。


訪問見積時にしっかり質問●

また必ず質問しておいてほしいのが、当日追加料金になるオプションなどはないかです。当然料金内と思っていたサービスが追加料金になってしまう事はよくある事なのです。また、荷物や建物の破損などのトラブルが起きた時の対応、連絡先の確認、激しい雨天時場合の作業方法などを聞いておくと安心ですね。また、引っ越し距離が短く時間制業者を選んでいる場合はスタッフがわざとゆっくり作業する場合もあるようです。そのような事がないように釘を刺しておきましょう。

楽器の引っ越しを考えよう

人生で何度も経験するわけではないので、バタバタとしてしまいがちな引っ越しです。スムーズにいくことがベストではありますが、準備など何を自分で移動させたらいいのかなどは判断が難しいところでしょう。今回はデリケートな楽器の引っ越しに関してご紹介します。


ギターなどはできる限り自分で

ハードケースなどにしまうことが可能で、自分で持ち運ぶことができる楽器類であればできる限り、自分の手で運ぶようにしましょう。いくつも楽器がある場合は、その中でもデリケートなものを自分で運ぶものに選びましょう。自分で運ばずに引越し業者で荷物を運ぶ場合は、ケースの隙間や壊れやすい部分をクッション材などで保護してあげましょう。ケースや段ボールには壊れ物であることを明記したテープなどを目立つようにはりましょう。引っ越しの業者の人には楽器などの専門知識があるわけではないので、置く向きの決まっているものなどは特に取り扱いに関して先に業者の人と話すようにしましょう。


大きい楽器は専門家に

ピアノなどの自分では持ち運べないものは、引っ越し業者などが別料金で運んでくれるオプションなどがあるかを確認しましょう。あれば、その人たちにお願いすることをお勧めします。ピアノやエレクトーンなどは運搬に費用はかかりますが、キチンと知識のある人が運ばないと調律がずれてしまうこともあります。高価なものや絶対に傷つけたくない楽器であれば、学期運搬専門業者にお願いするようにしましょう。

ペットと一緒に引っ越しをする場合

引っ越しは人生で何度か経験するものです。何度も引っ越しを行う人もいるでしょうが、多くの人は新しい生活の区切りになっていることも多いでしょう。人間だけが超す場合でも大変ですが、家族であるペットも一緒に引っ越しを行う場合に気を付けたいことがいくつかあります。


先に引っ越しが可能なら先に移動させよう

もしもペットの引っ越しだけが先に可能なのであれば、先に新居の近くのペットホテルなどに一時的に預けることをおすすめします。引っ越しでは全く知らない人が家に大勢出入りすること、いつもと比較すると大きな音などが出ること、大きな荷物を運ぶこともあり、小さな動物には非常に危険がたくさんあります。うっかり蹴ってしまうことがないわけではありません。また、興奮して逃げ出してしまう可能性もあります。もし一緒に移動させるのであれば、お風呂場を空にしてキャリーにいれ、お風呂場にしっかりと隔離しましょう。ドアをすべて閉じることで遮音効果もあります。


熱帯魚などの引っ越し

温度変化に弱いペットを飼育している場合も、可能であれば先に新居に水槽を準備、新居の水槽に先に引っ越しさせてあげるほうが安全です。無理な場合は、当日にパッキングを行うことになります。ただしパッキングは魚を傷めてしまう可能性もあるので、もしも不安な場合は熱帯魚などを専門に移動させる業者へ依頼するのもいいでしょう。引越しでは当日、何かをついでに行う時間が取れないことが多いのでペットには十分配慮してあげましょう。

引っ越し後の挨拶ってするべき?

引っ越しの時に迷いが生じるポイント第一位は「ご近所さんへの挨拶」ですよね。他人とのかかわりが希薄になりがちな現代ですが、挨拶はした方がいい場合と、しない方がいい場合があります。


引っ越しの挨拶をするべきなのは?

何といっても一軒家やファミリー向けの団地やマンションなどに引っ越した場合は、ぜったいに挨拶に行きましょう。他人とのかかわりが希薄になったのは確かですが、人間の、特に「女性」の性で必ずコミュニティを形成するのも事実です。既存のコミュニティにいきなり飛び込んでいくようなものですから、必ずご挨拶はするようにしましょう。一軒家の場合は両隣とお向かいさんは必須。そして町内会などがある場合は会長さんにも挨拶に行きましょう。付き合いを絶対に持てとは言いませんが、無駄に嫌われる必要性はないわけですから、「最低限の普通のことは出来る人だ」と思われておく程度でも良いのです。


挨拶しない方が良いのは?

これは一人暮らしの女性です。引っ越しの前に不動産会社か大家さんに「両隣と真下の階の人の性別だけ教えてくれませんか?」と聞いたらたいていの場合は性別くらいなら教えてくれます。女性専用マンションなどの場合は挨拶に行ってもいいかもしれませんが、そうではないのなら男性の部屋に女性が一人で挨拶に行くのはあまり好ましくありません。どうしてもというなら、紙袋に粗品と一緒にパソコンからプリントアウトした挨拶の手紙を入れて、呼び鈴は鳴らさずに「引っ越しの挨拶に来たが不在だったのでドアノブにかけさせてもらった」ということにしましょう。その際の記名は部屋番号と苗字だけで構いません。パソコンで打った文章にするのは、筆跡で女性だと悟られないためです。まるで犯罪でもするかのような話になりましたが、「あの部屋は女性の一人暮らしだ」と露見することはそれだけ危険が伴う可能性が低くはないということです。警戒し過ぎもいけませんが油断し過ぎもいけません。

引っ越し代の最安値を引き出す方法

引っ越し準備中の何かと忙しい時に何十分も値段交渉などで時間を取られたくないという方にオススメの、一発で最安値を引き出す方法をお伝えします。


引っ越しの見積もり依頼は一括で送る

ネット上で簡単な見積もりを出してもらって、個別に見積もり依頼を送るという手間自体がもったいないという理由ももちろんありますが、一括で見積もり依頼を出せるサイトから申し込むと、業者にも「どこから申し込んできたのか」が伝わります。これによって「競合相手がいっぱいいる」ということを伝えることができるのです。


見積もり当日のコツ

こうして向こうから概算の引っ越し代が送られてきて、その後で3~4社に絞り込んでからのコツがあります。まず「本命」を最優先で見積もりスケジュールを決めましょう。本命の1社の見積もりの日時が決まったら、そこからは30分刻みで出来るだけギリギリにスケジュールを組んでください。そして「本命」の引っ越し業者の営業担当が来たら、「申し訳ないんですけど、次の業者さんとのスケジュールが狂ってしまって30分後には次の業者さんが来る」という風に伝えてください。すると営業担当は確認すべきことだけ確認したら「この部屋と荷物の量で出来る、その会社の最安値」をパッと出してくれやすくなります。その代わり、こちらも即決しなくてはいけなくなるのだけがデメリットですが、そのために「本命」を1番目に持ってくるのです。

引っ越し作業の手順を考えよう

引っ越しでは多くのごみが出る、荷物が多いほか、当日は業者が家に出入りすることからバタバタとしてしまいがちです。なるべく負担を減らして、スムーズに行うポイントをご紹介します。


新居で先にやっておきたいこと

引っ越し当日は時間を取ることができないと最初から考えましょう。そのため、まず荷物のない新居のガスや水道などの手続きをあらかじめ行い、ライフラインを開通させておくことをおすすめします。前日までにこの作業を済ませておくと安心です。引っ越し作業ももちろんですが、新居の契約を行った際に手続きを行える時期がいつなのかなどを確認しておくことをおすすめします。バタバタと動いた日にお風呂に入れない、やっと落ちつたら部屋が真っ暗、ということにならないようにしましょう。また引っ越しが決まったら、住んでいた家の周りの方へあいさつに行くのもおすすめです。


引っ越し当日に行うこと

引っ越し当日は荷物があふれてしまうでしょう。新居では段ボールの数や不足している荷物がないかどうかを、作業が終わったらすぐに確認を行いましょう。お皿などの割れ物は開封し、破損していないかどうかもチェックします。もしも問題があれば、すぐに業者に連絡を入れましょう。そして当日に行いたいのが、新居のご近所への挨拶です。マンションであれば全部屋に行く必要はありませんが、同じフロア、自分の下の階、上の階には最低限行くことをお勧めします。

引っ越しする前にこれだけは決めておこう

引っ越しをするときには、いろいろと決めておかなければならないことがあります。どのような順序で新居に入るのかを、流れで確認してみましょう。


引っ越しはまず日程決めから

新居が決まったなら、次にいつ結構するのかを決めます。ここを安易に決めてしまうと、計画がうまくいかなくなってしまうので注意しましょう。というのも、引っ越しをするのは自分に時間があるとき、すなわち休日に行いたいと希望しますよね?でもそれは、みんな考えることが一緒なのです。そのため、通常よりも時間がかかり、料金が高くついてしまう可能性があります。また、そうなると業者の方も忙しいので、仕事が雑になりがちです。心配なら、事前に業者に都合を聞いて、出来る限り余裕のある日取りをしましょう。


手続きを済ませておこう

引っ越しをしたら、シャワーのお湯が出ない!なんてことにならないように、新居の電気やガスなどはきちんと手続きを済ませておきましょう。引っ越しをすると、公共のライフラインや転入届などを届け出なければいけません。その他、免許証やクレジットカード、銀行口座など、変更するべきものはたくさんあります。後回しにしてしまうと、非常に厄介になりますので、事前に必要な書類などは準備をしておきましょう。