楽器の引っ越しを考えよう

人生で何度も経験するわけではないので、バタバタとしてしまいがちな引っ越しです。スムーズにいくことがベストではありますが、準備など何を自分で移動させたらいいのかなどは判断が難しいところでしょう。今回はデリケートな楽器の引っ越しに関してご紹介します。


ギターなどはできる限り自分で

ハードケースなどにしまうことが可能で、自分で持ち運ぶことができる楽器類であればできる限り、自分の手で運ぶようにしましょう。いくつも楽器がある場合は、その中でもデリケートなものを自分で運ぶものに選びましょう。自分で運ばずに引越し業者で荷物を運ぶ場合は、ケースの隙間や壊れやすい部分をクッション材などで保護してあげましょう。ケースや段ボールには壊れ物であることを明記したテープなどを目立つようにはりましょう。引っ越しの業者の人には楽器などの専門知識があるわけではないので、置く向きの決まっているものなどは特に取り扱いに関して先に業者の人と話すようにしましょう。


大きい楽器は専門家に

ピアノなどの自分では持ち運べないものは、引っ越し業者などが別料金で運んでくれるオプションなどがあるかを確認しましょう。あれば、その人たちにお願いすることをお勧めします。ピアノやエレクトーンなどは運搬に費用はかかりますが、キチンと知識のある人が運ばないと調律がずれてしまうこともあります。高価なものや絶対に傷つけたくない楽器であれば、学期運搬専門業者にお願いするようにしましょう。