ペットと一緒に引っ越しをする場合

引っ越しは人生で何度か経験するものです。何度も引っ越しを行う人もいるでしょうが、多くの人は新しい生活の区切りになっていることも多いでしょう。人間だけが超す場合でも大変ですが、家族であるペットも一緒に引っ越しを行う場合に気を付けたいことがいくつかあります。


先に引っ越しが可能なら先に移動させよう

もしもペットの引っ越しだけが先に可能なのであれば、先に新居の近くのペットホテルなどに一時的に預けることをおすすめします。引っ越しでは全く知らない人が家に大勢出入りすること、いつもと比較すると大きな音などが出ること、大きな荷物を運ぶこともあり、小さな動物には非常に危険がたくさんあります。うっかり蹴ってしまうことがないわけではありません。また、興奮して逃げ出してしまう可能性もあります。もし一緒に移動させるのであれば、お風呂場を空にしてキャリーにいれ、お風呂場にしっかりと隔離しましょう。ドアをすべて閉じることで遮音効果もあります。


熱帯魚などの引っ越し

温度変化に弱いペットを飼育している場合も、可能であれば先に新居に水槽を準備、新居の水槽に先に引っ越しさせてあげるほうが安全です。無理な場合は、当日にパッキングを行うことになります。ただしパッキングは魚を傷めてしまう可能性もあるので、もしも不安な場合は熱帯魚などを専門に移動させる業者へ依頼するのもいいでしょう。引越しでは当日、何かをついでに行う時間が取れないことが多いのでペットには十分配慮してあげましょう。